So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -


OD缶 vs CB缶 燃料費を抑えよう!!① [[キャンプ用品] 火器等]

ガス缶の違いとその傾向】

 ・OD缶=アウトドア用ボンベ

 ・CB缶=カセットコンロ用ボンベ

 ※OD缶はCB缶に比べて高い。
  →そのかわりタフに作られている


 ブタン100%のOD缶(800円超)

 内容量:470g

 ブタン100%のCB缶(250円超) 

 内容量:750g
 →ちなみにスーパー行くと230円くらいで火子ちゃん(3本)とかいうよくわからん激安ガスが買える。

 ⇒激安だからといって、点火した瞬間吹っ飛んで死ぬことはないので夏場は激安で十分

 早い話、何を選ぶかは沸点かつ使用時の気温との相談になる。

 余談だがプロパン含有率の高いCB缶は多分存在しない。
 →OD缶ではある。

 →CBだと内圧に耐えられないとか、そんな理由だったはず。



ガスの違いとその傾向】

 ●基本的に沸点が高いブタンは安価で、沸点が最も低いプロパンが高価だ。
  →沸点が低い人間は嫌われるが沸点が低いガスは好まれる、と覚えておこう。

 ・ブタン=ノルマルブタン...沸点=-0.5℃

 ・イソブタン...沸点=-12℃

 ・ プロパン...沸点=-42℃
 ※Wikipedia による

 ★例えば、"宗谷岬元旦ツー行くで~"って人がブタンを持っていっても、冷たい缶1本無駄に運んだだけで火は使えない。


 さて、現状、燃料費を抑えるうえで問題となるのは多くの火器はOD缶用の物ばかりであること。


 畜生~やっすいCB缶使いたいのに使えねーじゃん・・・と思うことだろう。


 しかしながら、そこには様々な解決方法があったのだ・・・!!



 OD缶 vs CB缶 燃料費を抑えよう!!②へ続く





【澄み渡る】笠置リベンジ冬キャンプ!!【青空】 [[キャンプツーリング] 関西 京都]

 先日、極寒凍死キャンツーで死にかけた笠置キャンプ場でリベンジキャンプを実施した。

 快晴であった。



 冬キャンプの夜は星が綺麗で焚火が暖かく酒も美味いけど・・・

 朝寝袋から出るのが余りにも苦痛すぎて、キャンプやめといたら良かったとまで思ってしまうことがある。

 しかし、いつもこんな天気なら冬キャンでも朝はそんなに辛くないかも。





オススメ焚火台と焼鳥焼ける焚火台!! [[キャンプ用品] 食器・調理]

 このコンロなかなか良い。



 収納サイズは30×21×3.5cmと、DVDケース2枚を横に並べたようなサイズ。

 これならサイドケースでも余裕で入るバイクが多いかな。

 これ使って炭でジリジリ焼き鳥焼く予定。

 ちなみに、焚火に使った事もあるけど使えなくはないという感じ。

 いかんせん容積が小さく高さも無い為、熱量の確保が難しい

 下記商品なら高さと面積はバッチリなので半径1.5m程度は快適に過ごせる熱量が確保できる。

 
 ベテランキャンパーが利用しているのを見て欲しいとは思ったが、収納サイズが大きいのがちょっとな~。

 とはいえ、2,000円もしない激安台なので検討の価値は確実にある。

 同焚火台のメッシュシートは消耗品だが、月2回程度キャンプに行く人が1年間使い続けてもまだまだ使えると話していた。いつ消耗するんだ。


 ちなみに私は専用焚火台として下記を利用している。
 →そもそも、焚火台ではない。適当に組み合わせた。

     +


 言うまでもなく強烈にコンパクトな収納サイズになる。

 これも是非検討下さいって感じ。

 ダイソーのステンレス蒸し器でも焚火台になる。

 はなから蒸す気など無い人にオススメ。



前の3件 | -